FC2ブログ
Memory
6/1母が肺癌余命2ヶ月~1年と診断された。 奇跡を願い、食事療法など西洋医学以外の方面からも治療を試みる。その記録、母との思い出、闘病の様子を綴る。
  • 09<<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>11
FC2 managemented FC2 managemented
この記事に対するコメント

 この日の日記は・・・ちょっとショックだったね。最後に、hanaちゃんの目にみるみる涙が・・・って、本当にどんな様子だかが目に浮かんで、明日にでもhanaちゃんを励ましに会いに行きたくなったよ。

 脳への転移及びその治療のための転院があるのかな・・・。病院の評判やセカンドオピニオンのことなど、もし情報が必要ならメールで連絡して!! 

 心臓の周りのお水のこと、聞いてショックで、気持ち悪くなって、座り込んでしまったとのこと・・・その状況もとてもよく分かるよ。
 うちの旦那も、骨髄移植をした直後に「再発の可能性が・・・」と言われ、あまりにショックで、本当に待合室で倒れそうになって、どうにか座った記憶がある。(結局医者の早とちりであったが)

 帰国して1週間、hanaちゃんも、緊張とお見舞いの疲れで、体が限界なのかもしれない・・・。とにかく、眠れるときに、ゆっくり眠って!!
 それとね、温かいダージリンのミルクティー・・・。こういうとき、効くよ。気持ちを落ち着けて、ちょっと一息入れるつもりで、お紅茶を飲んでみて。ふうう・・・と体の疲れが吸い込まれていくような感覚がすると思う。
 

【2005/06/13 00:45】 URL | Clara #PgJHTy2E [ 編集]


Claraどうもありがとう。
この日は本当に辛かったなぁ。
誰かに話を聞いてもらいたい気持でいっぱいだった。
結局自分の中に仕舞いこんじゃんたんだけどね。

日々母の情況に一喜一憂するけど、医師からは期待を削がれる話しか聞かされないんだよね。
セカンドオピニオンにつていは本では少し読んだけど、本人に告知していない情況ではどうなんだろう?
家族の相談にも乗ってもらえるのかな?

リラックスする方法を知っておくことも大切だね。
またこれから何が起きるかわからないし、ダージリンミルクティ、よく覚えておくよ!

【2005/06/16 00:06】 URL | hana@master #NdbYy8/g [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://toubyou.blog12.fc2.com/tb.php/15-ab2fe420
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

hana

  • Author:hana
  • 上海に夫と猫3姉妹、母の病気の為現在帰国中。日本に父・母・兄・犬3匹・猫1匹。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。